丸丸PC雑記

RSS

アーカイブ : メーカー製PC

残念ながらEndeavor NP12はファンレスじゃないはず。

SANYO DIGITAL CAMERA
PCNETジャンク通り店にて購入しました。久々のEPSONですが、このブログで扱うのは初めてです。ちなみにNP12からファンレスじゃなくなってるはずなんですよね。
続きを読む

さすがに、無理かな…

BIOSの書き換え実験を予定してたのですが…ちょっと厳しいかな。まさか、ICクリップ対策がされてるとはまったく考えてなかったよ。すでに一万近くクリップとかライターを買うのにつかったんですがね…まあ、しょうがない。

やらかすところだった(゚Д゚)!

D5390のBIOS書き換えをROM実装のままやろうとしてたのですが…イロイロ調べてたら富士通はクリップを使うとロックがかかるらしい…マジか…もうクリップとか変換とかROMライターとか準備しちゃったよ…まあこっち系の専門ツールを買ってもいいんだけど…そこまですると業務用だしね。I2Cでのアクセス?は分かってる人にはかんたんなんだろうし、変換基盤も数千円程度なんですがね。あ~ハンダが使える環境が欲しい…

またまた、やっちゃったZE(‘A`)

SANYO DIGITAL CAMERA

D5390のBIOSを吸い出そうと今回、ICクリップを導入したのですが…クリップ同士が接触してしまう…う~んWinbond 25Q64BVSIGのスペック表だと足が0.35㎜で間が0.92㎜なので0.5㎜対応のICクリップならいけると思ったのにな…これ以上細い0.2㎜まで対応したICクリップは劇的に値段上がるんだよね…ROM専用のクリップだと海外からだから時間かかるので面倒…

D5390にi7-860とGTX750Tiをのせてみた。

CINEBENCH
5390 i7 750ti
スペック
基本:D5390
CPU:i7 860
GPU:GTX750TI
メモリ:4G
ストレージ:SSD
GPUはPCI-E×16形状でPCI-E×1接続となります。

FF14 LOW
5390 i7 750ti ff14 L
FF14 HIGH
5390 i7 750ti ff14 h
FF14 ワールド
5390 i7 750ti ff14 w 1280標準
5390 i7 750ti ff14 w 1920最高
FF14 Heaven
5390 i7 750ti ff14 he 1280標準
5390 i7 750ti ff14 he 1920最高

5390 i7 750ti 2004
OCCT
5390 i7 750ti occt
ここまでスコアが上がるかっていうくらい上がります。

消費電力
起動:104W
アイドル:41W
OPGL:98W
CPU:137W
FF14L:127W
FF14H:159W
FF14W:148W(1280 標準)
FF14W:130W(1980 最高)
FF14He:156W(1280 標準)
FF14He:138W(1980 最高)
OCCT:142W
PS:210W

OCCT PS で210Wはちょっと厳しいかもしれませんね。電源がへたってたらそのまま壊れるかもしれません。それ以外の消費電力はまあ悪くないのでは?ギリですが私なら常用しますね。

D5390でマルチモニターをやってみた。

d5390 2
GT610で二画面出力してみました。まあ、CPUはマルチコアされてるモデルですから十分つかえますね。ただ、オンボード側からの出力にクセがあるというかグラフィックボードとオンボードのDVIの併用が出来ませんでした…BIOSの設定を弄ったのですが上手くいかなかったです。

d5390 3
こちらは、GTX750TIでのトリプルモニターとなります。オンボードの症状は変わらず。まあ一般用途で3画面をフルHDで出力できればこの時代のパソコンとしては十分かな。

D5390にi7-860とGV-N610SL-1GIをのせてみた。

CINEBENCH
5390 i7 610 16
i7-860は内蔵GPUが無いので最初からグラフィックボードをのせます。

スペック
基本:D5390
CPU:i7 860
GPU:GV-N610SL-1GI(メモリOCモデル)
メモリ:4G
ストレージ:SSD
GPUはPCI-E×16形状でPCI-E×1接続となります。

続きを読む

D5390にGV-N610SL-1GIを載せてみた。

CINEBENCH
d5390 i5 610 16 cnebench11.5i
スペック
基本:D5390
CPU:i5 650
GPU:GV-N610SL-1GI(メモリOCモデル)
メモリ:4G
ストレージ:SSD
GPUはPCI-E×16形状でPCI-E×1接続となります。
続きを読む

Return Top