丸丸PC雑記

RSS

アーカイブ : メーカー製PC

D5390にGD610-1GERL1を載せてみた。

CINEBENCH
D5390 i5 610 ×1 cinebench11.5

スペック
基本:D5390
CPU:i3 530
GPU:GD610-1GERL1
メモリ:4G
ストレージ:SSD
GPUはPCI-E×1接続となります。
続きを読む

D5390にGF-GT610-LP1GHDをのせてみた。

CINEBENCH
d5390 i5 610 pci cinebench11.5
スペック
基本:D5390
CPU:i5 650
GPU:GF-GT610-LP1GHD
メモリ:4G
ストレージ:SSD
GPUはPCI接続となります。
続きを読む

D5390にGTX750TIをのせてみる。

まあ、あのサイズのヒートシンクが載るのですからやりたくなるのは当たり前ですよね。
SANYO DIGITAL CAMERA
まあ、入るかもそうなのですが、そもそも電源容量が足りるのか?ちなみに、D5390の電源は230Wです。まあ、Esprimoは基本この容量です。
続きを読む

D5390にGT610を載せてみる。

そんな、ローエンドGPUなら当たり前に載るだろって思いますよね。まさかこのブログがそんな当たり前なことをするわけがありません。今回搭載したのは、
SANYO DIGITAL CAMERA
この3つです。PCI、PCI-E×1、PCI-E×16(ファンレス)を全て試しました。ここまでやってる暇人はいないはず(`・ω・´)シャキーン
続きを読む

D5390のライザーカードを外す。

ライザーカードは特にネジで固定されていないので、スロットにそって引き抜けば問題なく外せます。ちょっと長いのでコツがいりますが。
SANYO DIGITAL CAMERA
外すとわかりますがPCIスロットごと外れます。ちなみに再設置にはちょっとクセがありPCIスロット側が浮くことがありました。こうなると下手に弄るよりは一回外して挿しなおした方がいいです。
続きを読む

ESPRIMO D5390 の問題点。

さて、このLGA1156世代は規格の過渡期にあたります。なので、まずそのあたりを書きたいと思います。LGA1156からLGA1155世代におきた大きな規格変更はSATAの速度です。SATAⅡ→SATAⅢに変更されて速度が 3Gb/s → 6Gb/sと倍になっています。この時代のSSDはまだ十分な信頼と容量がなかったので大部分がHDDを搭載していました。そのせいか、D5390のスペック表にはSATAの速度までは書かれていなかったので比較実験をやってみることにしました。

今回はちょっと話題になってたSP550 120G を入手してみた。このSSDはTLCなのに速度が出るというちょっと面白そうなSSDでして、実際試してみたかった。

990FX(SATAⅢ)ADATASP550
続きを読む

ESPRIMO D5390 は今後も使い物になるのか?「外観」

ども、ESPRIMO D5390 の外観と内観のレビューとなります。まあ、基本的な構造はD5280やD5290と変わりません。
SANYO DIGITAL CAMERA
続きを読む

Return Top